作業工程

工程管理

チェックが重要なポイント
“車工房”では、このチェックポイントで次の職人が前工程の出来を言い訳に出来ないよう、また、工程管理者が真剣にチェックし、「合格」としなければ次の工程に進めません。
板金塗装は経験がモノを言う仕事ですが、その「自信の裏側にある落とし穴」を未然に防いでいます。
部品の取り外し 部品の取り外し
取り外した部品管理表に基づき、しっかり管理いたします。
板金 板金
良い仕上がりを長持ちさせるため、必要な範囲にしか手を加えません。
Aチェック
板金の仕上がりチェックを徹底してます。
他、工程管理者によるチェックが行われます。
下処理 下処理
下処理なるべく塗膜の上でパテ処理をして
塗膜の中でエッヂを出し成形しています。
塗装 塗装
仕上がりを長年保つ為に重要なクリアーに妥協は一切ありません。
Bチェック
塗装の仕上がりチェックを徹底してます。
他、工程管理者によるチェックが行われます。
部品の取付け 部品の取付け
部品管理表に基づき、キチンと取り付けていきます。
洗車 洗車
心を込めてきれいにいたします。
完了 完了
仕上がりチェックを行います。

仕上がり管理

お客様目線で全ての機能をチェックします。
修理箇所は当然の事ながら、意外と見落としがちなのが車内・外の清掃含め、各部品の取付状態や作動確認などです。直接作業している者は間違えようとは思って作業していないので、ミスには気付きにくいものです。だから、仕上げのチェックは(出来るだけ作業に携わっていない者が行います)
今一度マニュアルに従い、全ての機能をチェックいたします。
全ての結果において、自信を持ってお客様に納車することが出来るのです!